葬儀・終活ニュース

「高齢者がスーパーマンに?!VRでかわる超高齢社会」2018.12.28

映画の世界よりすごいかも。

 

歴史に類をみないほどの「超高齢化社会」へと突き進んでいる日本。年金、社会保障、現役世代の負担増など問題は山積しています。

 

それらの課題解決のために、福祉制度ではなくテクノロジーで挑もうという取り組みが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)にて紹介されていました。それによると、どうやらこれからの高齢者はVRでスーパーマンになっているようなんです。

 

高齢者からテクノロジーで障壁を取り除き、新しい働き方を生み出す

ロングインタビューに登場していたのは、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター機構長でVR研究の第一人者である、廣瀬通孝(ひろせ みちたか)教授。

 

VRで高齢化社会の課題解決を図ろうとしたきっかけが、「バーチャルな世界を作れば、高齢者もスーパーマンのようなバーチャルな身体を持つことができるのでは」というものだったという、いい意味でぶっ飛んだ発想をお持ちの廣瀬教授。その具体的な方法について、以下のように語っています。

 

高齢化に伴うさまざまな社会課題を実世界だけで解こうとすれば、困難なハードルが多々ありますよね。たとえば「頭もしっかりしていて知見やノウハウも十分なのに、フルタイムで通勤することは体力的に難しい」という現実があります。こうした問題について、VRを活用して「物理的に移動しなくても大丈夫」という状況を作れば、活躍の場は広がります。

教授はさらに、VR以外のテクノロジーもフル活用して高齢化社会を変えようと挑戦しています。その代表的なものが「Mosaic型就労モデル」と呼ばれる新しい働き方。これは、例えば英語が得意な人、経理が得意な人などをネットワークを介して集め、一人ひとりが持つ強みを1つのバーチャルな人格に統合しちゃうという、ゲッターロボも真っ青な発想なのです。

まださまざまなハードルがあるそうですが、もし本当に実現したら、高齢化社会だけではなく日本全体に好影響をもたらしそうですよね。

 

他にも、個人や仕事の特性のベクトル化、人材マッチングの精度を高める「人材スカウター」など、興味深い内容満載の続きは、Mugendai(無限大)よりぜひお楽しみください。

 

2018.12.28 GIZMODOより