葬儀プラン

実質追加料金なしのセットプラン、安心の明朗会計です。家族葬、1日葬から社葬、お別れ会など全てのセレモニーに対応いたします。

家族葬プラン

通夜・告別式から火葬まで行う、「10名~30名」程度のセレモニーです。
近親者や友人など限られた関係者のみで執り行います。

メリット

日程や内容など自由に設定しやすい。

また、近親者のみなので弔問・会葬者に気を遣うことが少なく落ち着いて式を執り行える。

デメリット 家族葬であっても葬儀費用は一般葬に比べてほとんど変わらないのに対して、一般葬で遺族の収入となる香典・弔慰金がほとんどなく、葬儀費用と相殺できないため、一般葬よりも費用負担が増える場合もある。

一般葬プラン

通夜・告別式から火葬まで行う、「50名~150名」程度の一般的なセレモニーです。近親者や友人、職場関係、町内関係、学校関係などの故人に縁のある方々と一緒に執り行います。

メリット

費用がかかると思われがちですが、香典により葬儀費用の半分以上がまかなわれる場合もある。

デメリット 近親者や友人、職場関係、町内関係、学校関係などの故人に縁のある方々に広く訃報を知らせるので喪家は精神的・体力的に労力がかかる。

1日葬プラン

通夜を省略して告別式から火葬まで行う、「10~50名」程度のセレモニーです。
近親者や友人、職場関係、町内関係、学校関係などの故人に縁のある方々と一緒に執り行います。

メリット

通夜を省略する1日葬では告別式のみとなるため、遺族への負担が軽減される。

また、参列者へおもてなしをする料理や返礼品が1日分ですむので、費用が軽減される。
デメリット 1日葬はお通夜を行わないので、葬儀の時間帯では会葬者が参列できない場合がある。
そして、式場を借りる場合は1日葬であっても一般葬と同じく2日間借りることになるので式場費が一般葬とたいして変わらない場合がほとんである。

区民葬プラン

夜・告別式から火葬まで行う、「10~50名」程度のセレモニーです。
戦後間も無く、一般大衆の生活がまだ豊かでなかった時代に、困っている人達の為に東京の葬儀業協同組合が東京都に働きかけて、当時都民葬と言う通常より安い価格で葬儀が出来る制度を作り、発足したものです。

メリット

通常の葬儀より安価でできる場合が多い。

デメリット 選択肢が極端に狭く、祭壇、棺、設営・撤収の人件費、霊柩車、火葬の料金、骨壷などは区民葬で料金が定められている。
オプションの追加など場合によって通常の葬儀プランより費用が高くなることもある。

自宅葬プラン

通夜・告別式を自宅にて行う、「10名」程度のセレモニーです。
近親者など限られた関係者のみで執り行います。

メリット

葬儀式場を借りないので、費用を抑えることができる。
また、式の時間など自由性が高く、ゆっくりとした葬儀ができる。

デメリット 騒音や駐車場など、近隣への配慮が必要となります。
また、自宅という決められた広さのため、会葬者の人数に制限がある。そして、葬儀設営の際、部屋の家具など片付けや移動の手間が発生する。

直葬プラン

通夜や告別式を行わない、「10名」程度のセレモニーです。

メリット

近親者や友人など限られた関係者のみで執り行うので、葬儀費用が安価で、時間が軽減できることが利点でとなっている。

デメリット 十分な別れの時間が取れない、招待しなかった人々からの反感を招く、葬儀後に個別の弔問が多発するといった問題が起こるリスクもある。

お得なセットプラン

注意事項
・僧侶のお布施は含まれておりません。
・セットプランのため、不要なものがあっても費用は変わりません。
・祭壇、火葬炉、収骨容器、お棺、霊柩車はグレードアップ可能です。
・霊柩車などの車両関係は走行距離により費用が変動する場合があります。
・仏教、神宗、キリスト教や他宗派、地域や風習によって内容が異なります。

葬儀のことから、相続・遺言・保険・お墓・介護についてわからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-3400-2250

受付時間:24時間365日(年中無休)
お気軽にお問合せください。

よくあるご相談

●突然のご不幸、なにから準備すればいいのわかりません
●病院や介護施設から搬送をお願いしたいのですが
●なるべく早く自宅へつれて帰りたいです
●病院から紹介された葬儀社は大丈夫ですか
●お葬式の費用はどのくらいかかりますか
●なるべく自宅の近くや交通の便利な式場がいいです